キッズフォト出張撮影専門「キッズフォトスタジオ パステル」東京都練馬区

~子ども達の言動を熟知している元保育士が魅せる、自然光を使った子ども達のナチュナルな姿の魅力~

A96I1003_2

ホームブログ / BLOG ≫ 撮影秘話 ≫

ブログ / BLOG

今日は幼稚園にて、お誕生日会撮影でした!

スライド383
基本的に幼稚園さんには30分前には現場入りして、撮影前の機材準備はもちろんのこと、現場を見ながら撮影の段取りを確認をするのですが、準備や段取りはササッと終わらせて、可能な限り撮影前に時間を作って、行事やイベントに関係する周辺の物を使ってよくイメージトレーニングをしています。

今日も準備や段取りの確認を早めに終えることが出来たので、遊戯室に置かれた子ども達が座る長椅子を今回は題材にして、イメージトレーニングを開始。

イメージトレーニングの目的はもちろん、撮影対象にしている被写体や物(今回は長椅子)が魅力的に見える角度を、直感的に見極め、瞬時に判断できる力を鍛える為。
子ども達のスナップ写真は、言動を直感的に見極め瞬時に判断してカメラのシャッターを切ることが求められますから、常にトレーニングはやっぱり欠かせない。

今回は横から撮るならば、「どの位置で」「どの角度で」「どの高さで」「露出(明るさ)はどのくらいで」「絞り(F値)はどのくらい」が適正で魅力的に写し出せれるか?と、自分で課題を課して撮影しました。

長椅子の長所を活かしたかったので、長さと奥行き感が感じられる角度や高さの位置を考え調節し、露出(明るさ)も明るすぎず暗すぎず、木の素材の感じと清潔感ある明るさを考え、絞りもF2.8開放だと背景がボケ過ぎてしまい、背景の長椅子の存在感が薄くなり、また、背景の壁の色に飲み込まれてしまいそうだったので、形がある程度分かりつつも主体(メイン)の長椅子の主張が損なわれない絞りが1段絞ったF4と判断し、撮った写真が今回の写真です。

こんな感じで常に、わたくしが子ども達の写真を撮る時、「その子がその場所で、魅力的に写る角度、明るさ、背景との兼ね合い」を考え、皆さまに「こんな素敵な瞬間を撮ってもらえて嬉しい」と思ってもらえる瞬間を常に意識して、撮らせていただいております。
今回の行事はお誕生日会の撮影でしたので、今月、お誕生日の月にあたる子ども達は、おしゃれな装(よそお)いで登園してきますからなおさらですね。

ちなみに服装は、やはり女の子はシンデレラ系のドレスが多く、男の子は正装で来ていましたね。
2020年09月15日 21:53

保育園でカメラマンが保育実習?

スライド377
先日、夏祭りの撮影で保育園に行ってきました!
その時、ちょっと面白い出来事が・・・。

夏祭りイベントが始まる10:00までの少しの間、乳児クラス(0~2歳児クラス)の2歳児クラスで保育室に入って、保育風景のスナップ写真を撮りに行った時、最初はやはり、子ども達から様子を見られまくっていたけど、写真を撮っている様子をたったの1分前後の時間見て、目的や行動も徐々に分かってきはじめた子ども達から、わたくしの周りに集まってくれましたので、そこで、少し広けた場所に座ると、その前に子ども達がちゃんと座ってこちらをじっと見つめるので、近くにいた先生に、

私「大人が座ると、その前にちゃんと集まって、じっと座って居られるなんてすごいですね。」

先生「午前活動の前のおやつを食べた後、いつもこの辺に座って紙芝居や手遊びをするので、きっと子ども達は何かをしてくれると思って、カメラマンさんを見ているかもしれないですね。」

・・・という話を聞いて、そこで保育士の経験を生かして「さかながはねて」の手遊びをしてみた所、子ども達はちゃんとマネをしてうけてくれたのでびっくり。
そして、手遊びが終わってまだ余韻(よいん)が残っている内に、子ども達の笑顔をすかさず撮影。
その様子を見ていた先生が、

先生「カメラマンさん、手遊びが出来るのですか?」

私「昔、わたくしも保育園で保育士をしていましたので・・・」

先生「そうなんですか!?だから、子ども達への話し方や引き付け方(導入)が上手だったのですね。」

と、子ども達より先生方が一番驚かれていましたが、(まあ、そりゃそうだわな・・・。)久しぶりに子ども達の前で手遊びをしたので、保育士時代の楽しかったことや大変だったことを、ついつい色々と思い出してしまいましたわ。

「さて、次回の撮影では子ども達と何して遊ぼうかな♬」と、子ども達の魅力と笑顔を引き出す為に、常に新しいネタの引き出し(ストック)に励んでいます。
2020年07月27日 20:05

保育士時代、子どもからのお礼の手紙

スライド363
「過去に縛られない生き方を・・・」と思いつつも、まだコロナウィルスが元気なこともあり、事務所の至る所を整理をしている延長線上でどうしても、過去の色々な品々を発掘することがあり、そのたびに過去の想い出にふけてしまう・・・。

その1つが、保育園を辞めるお別れの際に、当時、年中組の子が書いてくれたお手紙なのだが、年齢から考えると、「文字がうまく書けない」「文字が分からない」「デザインの記号が上手く描けない」など、手紙を書くにあたって、何らかの壁があったハズ。
ということは、「手紙を渡したい!」という気持ちが、それらを退けるぐらい上回っていないと、多分、書かないと思う。
そう考えると、忖度のない純粋で本当の気持ちを率直に、まだ書き慣れていない文字とデザインもつけて頑張て書いてくれた証でもあるからこそ、気持ちも伝わり嬉しい。

子どもが好きで保育士に憧れ、専門学校で勉強を頑張って卒業し資格を得て、念願が叶って保育職についたけど、数年後はカメラマンをすることになるとは、全く思わなかったわ。

やっぱり人生、機械のように計算通りには行かない。
ただある意味、計算通りに先が薄っすら見えてしまう人生じゃなくって、良かったとも思う。先が見通せる(分かっている)人生では、つまんないですからね。
2020年05月11日 21:31

えっ!そっちに投げる?

スライド362
写真の整理をしていた時に見つけて思わず笑ってしまった、4~5年前に公園内で撮ったスナップ写真。

写真の状況説明としましては、輪投げの要領で、手前に置いてあるペットボトルをフラフープの輪の中に入れる遊びの様子を、遠くから望遠レンズを使って撮っていたのだけど、力が入りすぎて手を放すタイミングが遅すぎたのか?または意図的にしてみたいと思ったのか?まるで漫画のように真横に飛んでいくフラフープ・・・。

無論、手前のペットボトルに向かって(ある程度、方向がズレる予想はしていたけど・・・)フラフープ飛んでくるものだと思っていたが、ズレの度合いが想定外過ぎて、撮りながら「えっ!そっちに飛ばす?」と思わず口ずさんだ瞬間でしたわ。

子ども達は好奇心と突然の思い付きの赴くままに、突発的に行動することが多い為、大人が思っているような行動には結びつかない。だからこそ、その想定外の瞬間の写真をものにできた時の喜びは格別で、子どもの写真を撮っていて楽しく飽きない理由でもありますよね。


EOS-1D MarkⅣ
EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
SS 1/800
F値 F4.5
ISO 500
2020年05月09日 21:00

写真注文袋も完成!

スライド1
キッズフォトスタジオパステルは今年、皆さまに支えられまして節目の10周年を迎えたこともございまして、新年度4月に向けて色々と準備を進めております。

その中で、前回の撮影腕章に引き続き写真屋さん必須アイテム「写真注文袋」も完成!

昔と比べて最近のインターネットは、ネット決済種類が豊富でセキュリティ面も強化されて信頼度も上がり、操作も簡略化されインフラの整備も整いますので、お客様の方で「写真注文→発送手続き→料金支払い→直接お客様の手元に写真をお届け」と、写真屋さんや学校・習い事の教室を経由しなくとも、お客様ご自身で全て完結させることが出来ます為、写真注文袋も昔程は使わなくはなってきていますが、それでもまだまだ必要な所もありますので、とりあえず初回は2,000枚を発注。

新調すると、気持ち的にも清々しさを感じますよね。
2020年03月20日 13:45

撮影腕章が完成!

IMG_0477_1
今まで撮影腕章がどうしても必要だった時は、簡易的な腕章、いわゆる「手作り腕章」を使っていたが、最近、さすがにちゃんと作った方が良いかも・・・と思うようになり、ネットで調べて早速、オーダーメードでとりあえず10枚を発注。

オーダーメードなので、そこそこ値段はしたけど、やっぱり見た目がいい感じで大満足。

個人的に好きな色が青系か緑系だったので、どっちにしようか?と少々迷ったけど、新緑をイメージした緑系に決定。

さて、新型のコロナウィルスに負けないように、夢中になって仕事に打ち込むことで忘れてしまおう!気にしてばかりいては、精神衛生上もよろしくないですからね。
そうすれば気付いた時は、いつの間にか終わっているでしょう。
2020年03月03日 14:28

おもちつきの声掛けは、もっちっち?

スライド333-2
今週から幼稚園や小学校も始まり、早速今日から、お正月の風物詩「おもちつき」撮影で幼稚園へ行って来ました。

今日は風はあったけど、例年になく日中は暖かく、この時期のロケーション撮影にしては恵まれた気候でした。

もちつきの流れは、年少組➡年中組➡年長組の順で園庭に出てきて、まずは臼(うす)の周り集まり、保護者の方が食用のもちをついている所をデモンストレーションと応援も兼ねて見た後は、2~3人同時に子ども達がもちつきをしました。

さすがに年少組・年中組は、子ども用の杵(きね)とはいえ、一人では杵を持ち上げられない為、お手伝いさんの保護者の方と一緒につき、年長組はふらつきながらも一人でついていたのですが、やっぱりやっている最中は、真剣な子、笑いながらついている子、お隣のお友達を見ながらついている子、興味があまりなくやりたくない子、色んな子がいて色んな表情が見え隠れしていて、撮っていても面白かったですわ。

ちなみに、わたくしはもちつきの写真を撮る上で1つ、気を付けていることがあります。それは、1カットは必ず「臼の中のおもちが見えるように少し上の角度から撮影する」ということです。
その理由は、今回の行事の撮影目的は「おもち・つき」だからです。
臼と杵が写真に写っていれば確かに、おもちつきの行事の写真として成立はしますが、わたくしとしてはどうしても物足りなさを感じてしまうのです。
それはどうしてか?そもそも論、「何の為におもちつきをしている様子を撮っているか?」と考えた時、「おもちをついている様子を撮っている」訳ですので、そう考えるとおのずと、おもちが杵でつかれている瞬間のコラボ写真がないと淋しいのではないかと感じるのです。

こういった感じで、おもちつきに限らずわたくしは撮影の前には、「行事撮影の目的」と、撮影中は常に「何の為に今、その瞬間の写真を撮っているのか?」を必ず考えています。
でないと、ただシャッターボタンを押して撮っているだけの、味気ない写真になってしまいますからね。

さて、話は戻りまして、全学年のおもちつきが終わり、食用のおもちが準備が出来次第、今度はすぐにおもちの試食タイム。
この時は全員、「こっち向いて写真」(カメラ目線の写真)で声を掛けて撮るのですが、その際、いつも通りの声掛けでもいいのですが、せっかくなのでおもちに関する声掛けはないものか?と考えながら子ども達に話し掛けた時、たまたま言葉が詰まって、「もっちっち」と言ったのが子ども達にものすっごくうけて大爆笑!さらに、「もう1かい、もっちっちでしゃしんをとって♪」とリクエストもあるほどで絶大な効果があることを知り、それっきり、おもちを食べているシーンを撮影する時だけ通用する、期間限定の声掛けとして、今日もその引き出しを使って笑顔の写真を撮っていました。

さて、セレクト作業、頑張ろう・・・。
2020年01月09日 21:11

幼稚園行事撮影中、ご指名が入りました!

スライド332-2
法人契約で年間を通して幼稚園や保育園へ行事撮影でお伺いをいたしている際、撮影(行事)回数の多い園では、子ども達や先生方のみだけでなく、嬉しいことに保護者の方にまで顔を覚えていただけることもあるのですが、そんな時、今までになかった初めての出来事が・・・。

2学期に入って幼稚園の運動会に3人のカメラマンで撮影に行った時のこと、朝、現場でカメラのセッティングも終えて、プログラムで競技の流れと内容を再確認していた時、一緒に来ていた別のカメラマンに

「運動会の看板がある門のところで、村上さんのことを保護者の方が呼んでいたよ。」

と言われ、他にもカメラマンがいるのに、なぜピンポイントでわたくしで、しかも名前まで知っているんだろう?と不思議に思いながらも行ってみると、7月の盆踊り(夏祭り)の撮影の時、子どもの写真の撮り方を真剣に聞いていたご家族の方だったことを会って思い出し、身分証明も兼ねて首から名刺を下げて話をしばらくしていましたから、きっとその間に確認をしていたのだろうと納得。

傍から見ても、そのご家族のお子さんがこれがまた、年長組さんで可愛いらしい姫ちゃんでしたから、少しでも写真を上手く撮れるようになって、可愛く綺麗に記念に残る写真を撮りたいという親心がすっごく分かるわと思いましたね。

わたくしが子どもの頃の運動会の写真なんか、指で数える程度の枚数でとても残念な作品(写真)の数々と・・・まあ、わたくしの話はとりあえず置いといて、仲良くさせていただいていましたご家族の方でしたので、「指名料が別途かかりますよ♪」と冗談を言いつつも、看板前の家族写真と、園庭内で運動会の雰囲気がある背景を選んで、お子さんのみの写真の2カットを撮らせていただきました。無論、運動会が終わった帰り際も、運動会のお土産をもらったバージョンも撮影。

今までは、「うちの子の写真を、たくさん撮って欲しいから」などの理由で、最初から個人的にとか、数組のご家族と一緒に出張撮影のご依頼とかでしたら、あるあるパターンな話ではありましたけどね。

ただ、よくよく考えてみたら、今まで無かったことがもしかしたら凄い事なのかもしれない。
何でもそうですが、「言ったもん勝ち」な所はやっぱりありますよね。

「遠慮をしていて良い事あった?」と考えてみると、「無い!」ですし、それどころか、言うだけ言っておけば良かったかな・・という後悔の方が多いですからね。

・・・と言いつつも、声を掛けられたタイミングに寄っては、ご期待に添えられない場合もございますので、やはり一番確実なのは、最初から保険も兼ねて個人的に出張撮影のご依頼をお勧めいたします。

さて、明日からはほとんどの方が新年初仕事になるかと思いますので、スタートを最高のパフォーマンスを発揮して仕事に打ち込めるように、大至急、寝ちゃうことにしましょうかね。
2020年01月05日 20:30

覚えてる?小学生になったんだよ!

スライド329-1
まだ、年末を迎えておりませんので、少し気が早いかもしれませんが、今年も保護者様や先生方・関係者様の変わりに、大切なお子さんの写真撮影を幼稚園・保育園の行事撮影を中心に、習い事の発表会やイベント撮影会・家族写真(記念写真)・スポーツ撮影などを通しまして、個人様~法人様まで幅広く撮影させていただき、誠にありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。

長年、撮影でお付き合いをさせていただいている場所では、以前、とある小学5年生の男の子に「カメラマンさん、僕が1年生の時からいるよね?」と言われたこともありましたし、また、習い事の発表会の撮影で、「あれ?ようちえんでおしゃしんをとっている、おもしろいカメラマンさんがいる!」と言われたことも・・。どおりで、年をとった訳だ。

ちなみに、ここ1年では幼稚園・保育園での運動会やクリスマスお遊戯会で、弟や妹の付き添いで来ていた小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃん達から

「あっ、けーちゃんだ!」
「わたし(ぼく)のことを覚えている?今、○○小学校にいっているんだよ。」
「いつもかわいい写真をたくさん撮ってくれて、ありがとう♪」

など、子ども達の方から近状報告も兼ねて声を掛けられることもしばしばあり、場合によっては数年経っても、幼稚園や保育園での撮影の事を覚えていてくれていた子が居た時は、その記憶力に心底、驚きました。子ども達の潜在能力は、本当に未知数ですよね。
それと同時に、「写真を撮られていたその瞬間が、その子にとっては幼稚園での楽しい想い出の1つとして残っている」と知り得たことで、報われた感が半端なくあり、すっごく嬉しい瞬間でもありました。

なので、やっぱり写真は「撮る側も撮られる側も、お互いに楽しくなくっちゃね。」というのが、わたくしの子ども写真に対する見解です。
撮られる側の気持ちも考えずに、撮る側の強制で撮った写真は、感情も想い出もない、単なる「記録写真」に成り下がってしまいますからね。

さて、子ども達からいただいた感謝をバネに、来年も想い出に残る写真を1枚でも多く、沢山の子ども達や保護者様・クライアントの皆さまにお届け出来るように頑張るぞ!
2019年12月26日 21:45

幼稚園の保育風景撮影にて

スライド317
先日、幼稚園へ保育風景の撮影に行ってきました。
この日は、日中になったらお天気も回復し、20℃ぐらいまで気温が上がり暑い日でした。

天気予報で気温も分かっていましたし、汗かきでもあるわたくしなので、タオルは事前にカメラバックに入れて持って来ていたんだけど、バックから出すのを忘れておったので、案の定、しばらく撮影していたら汗が・・。

その頃、ちょうど年少組から年中組へ向かうところでしたので、最初なので黙って教室に入るのもあれなんで、挨拶も兼ねて・・
私「おはよう!今日はいつもより、ちょっと暑いね。汗が出て来たわ」

と言った時、近くにいた4~5歳の女の子が、
女の子「ほんとうだ。まって!」

と言って、腰につけていた自分のポーチから、可愛らしいプリキュアのポケットティッシュを1枚出して
女の子「はい、どうぞ。これであせをふいて、おわったらちょうだい。ゴミばこにすててくるから。」

と、予想外の話の返しにびっくりしましたわ。
多分、その女の子は、ママまたは周りの人からしてもらった似たような経験があり、それでもしかしたら思いついたんだろうな~。

というのも、たまに「やさしくしなさいっ!」という声を街中で聞くことがあるけど、そもそも論、その子に「優しくされた経験」がなければ、やさしくと言われても、何をどうやさしくすれば良いのか?その方法が分かるハズがない。
時折、大人が怒りながら「こうすればいいでしょ!」と言いながらやって見せているそのやり方は、「経験」をしているからなのでは?と思わずにはいられない。

仕事柄、子ども達の写真を撮る機会の多いわたくしですが、よく思うのは、子ども達のストレートな直感や感覚は間違いなく大人を凌駕しており、時に、その感性的な力で、大人より遥かに知識や経験が少なくとも的を射抜いていることがあり、そのたびに驚きさえも感じることがありますからね。

さて、もうじき幼稚園や保育園では、「クリスマス発表会」や「生活発表会」等の発表会関連の撮影に突入するので、運動会と並んで大きな行事の1つでもある為、気合入れて良い瞬間を撮りまくるぞっ!
2019年11月26日 21:03
キッズフォトスタジオ
パステル

〒177-0044
東京都練馬区上石神井2-8-20
グリーンハイネス402

[TEL]03-6913-2379
[営業時間]8:00~19:30 
[定休日]年中無休

モバイルサイト

キッズフォトスタジオ ~パステル~スマホサイトQRコード

キッズフォトスタジオ ~パステル~モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

写真素材 PIXTA