キッズフォト出張撮影専門「キッズフォトスタジオ パステル」東京都練馬区

~子ども達の言動を熟知している元保育士が魅せる、自然光を使った子ども達のナチュナルな姿の魅力~

A96I1003_2

ホームブログ / BLOG ≫ 撮影秘話 ≫

ブログ / BLOG

出張撮影のカメラマン選びの基準とその方法とは

スライド492
七五三・日常風景・家族写真等で、個人で出張カメラマンを探す時や、撮影会イベント・保育園や幼稚園の学校写真・習い事の発表会等の法人(代表者)で出張カメラマンを探す時・・・といった感じで、必要に応じて出張カメラマンを探す時に、料金と匹敵する程に悩ましいのが、その「カメラマン選び」だと思います。

理想としては、もちろん本番前に一度顔合わせが出来れば、折り合いが合う・合わないがはっきりと分かりますので、もし仮に折り合いが合わない場合は、別のカメラマンを探して・・・と、時間と追加費用(カメラマンさんによっては、必要になる場合があります。)を惜しまなければ、フィーリングの合うカメラマンさんに本番の撮影に来てもらう事が可能になる為、安心は出来ますが、中々そこまでは難しいのが現実かと思います。

そこで、プロ・アマを問わずキッズフォトの分野に重点を置いて、カメラマン選びの失敗を最小限に防ぐ為、調べて見るべきポイントを4つご紹介いたしますので、是非、ご参考くださいませ。

■ キッズフォトのカメラマン選びのポイント
① 料金: 数千円単位で撮影が可能なカメラマンは、撮影経験が浅いことが多く、そのことから撮影経験を積みたい為、値段を安くしている傾向があります。(値段が安い方に、お客様は流れやすいですからね。)また、何かトラブルがあった時にお客様も、「まあ、安かったからね。」と思ってもらえる可能性もあることから、責任回避も視野に入れて考えていることも挙げられますので、目安として1万円以上を提示しているカメラマンさんにお願いするのが無難かと思いますが、「何かで本格的に出張撮影をお願いする前に、ちょっと色んな方の出張撮影を体験してみたい。」といことであれば、お試しも兼ねて良い選択かと思います。
② 専門性: どのジャンルをメインに撮影をされているか?を確認しましょう。スタジオ撮影が得意なカメラマンは、陽の当たり方がコロコロ変わるロケーション撮影が難しい場合があったり、スポーツ写真が得意なカメラマンは、タイミングを捉えることが上手いけど、人とのコミュニケーションをとるのが苦手な場合もございます。
③ サンプル写真: 写真の仕上がりはもちろんのことですが、一番の重要ポイントは「笑顔の写真」がサンプル写真に入っているか❓です。背景がボケた綺麗な写真は、技術が身に付ければ誰でも撮れますが、子ども達の笑顔は写真の技術とは関係なく、カメラマンの人柄や子ども達との接し方など、いわゆるコミュニケーションが取れないと撮れない写真ですので、笑顔の写真があるか否かを重点的に確認しましょう。
④ 打ち合わせ: ①~③のステップで候補を見つけて選んだカメラマンの最終チェック項目です。会話やテキストでの打ち合わせ時に、具体的な内容や提案をしてくれるかどうかを確認しましょう。また、質問に対しても答えられるカメラマンは、一定の経験があると認識しても問題はないでしょう。

いかがだったでしょうか。子ども達は我々大人と違って、「大人の都合もあるけど、自分の七五三の写真撮影も兼ねているので、しょうがないな・・・」と割り切って撮らせてくれたり、「笑って❣」と言っても、楽しくもないし・面白くないことには笑いませんし、「こっち向いて❤」と言っても、興味がないことには見向きもしません。(稀に、その子の性格もあるんですけど、人見知りもなく、常に楽しそうにしている子もいますけどね。)
その為、カメラマンとしての写真技量以上に、子どもとのコミュニケーションが取れるか否かで、出来上がる写真の内容が格段に変わってきますので、ポートレート(人物撮影)の分野はある意味、キッズフォトは難しいと思っておるぐらいです。

たまに、子ども達の写真を撮影する上でのコツとして「撮影技術」を挙げる方もおりますが、確かに撮影技術として、「動きものが撮れる」技量は必要です。基本的に子ども達は動き回りますからね。が、それさえクリアできれば最終課題は、「撮影者(カメラマン)本人が楽しんで撮影しているかどうかにか❓」にかかっていると言っても過言ではないかと思ってます。
撮影側が楽しんでいれば、「面倒くさいし疲れるからな・・・」と思う前に、進んで子どもに合わせて体を動かして撮影しますし、子ども達もそれを見て、「遊んでくれるのかな❓」と嬉しくなり、自然にカメラを向けていてもカメラの前でも笑顔を見せてくれるようになります。

ただ、わたくし的に意識して気を付けていることが1つあります。それは、「名前で子ども達を呼ぶ」ことです。
名前で呼ばれると、親近感も感じやすくなりますからね。

次回は、キッズフォトを撮影する上でのベストなレンズ(焦点距離)とは❓のお話をしたいと思っておりますので、お楽しみに🎵
2022年04月23日 14:07

子ども達からの告白!?

スライド428
毎月、とある幼稚園さんでお誕生日会の撮影をさせていただいているのですが、先月12月、そこで子ども達から「嬉しいお言葉」を聞くことになるとは・・・

年長組の男の子だったんですけど、ちょうどその子はお誕生日の月だったらしく、年長組はステージ上で自分の名前以外にも、将来、就きたい職業を話すことになっており、その場でなんと・・・

年長組の男の子「将来の夢は、カメラマンです。楽しい瞬間をたくさん(写真)残してあげたいからです。」

と、スピーチしたので、観覧席に座っていた子ども達も一斉にわたくしの方を見ますし、スピーチの内容・理由も立派すぎて、あの時は、写真を撮りながらびっくりと同時に嬉しさも込み上げてきましたね。
カメラマンを10年くらいしているけど写真を撮っていて、そのような出来事に遭遇したことが今までなかったですから、尚更ね。

そして、今月1月の昨日のお誕生日会では、現在はコロナウィルの関係で学年ごとにお誕生日会が行われているので、上記の内容は知らないハズにもかかわらず、今度は年中組の女の子から「カメラマンになるには、どうしたらいいの?」との質問なども飛び交いましたので、本当に驚きましたわ。

ちなみに、その質問の答えを含めましたお話の続きは・・・

私「まずは、カメラを買ってね」
年中組の女の子「もうカメラ、もっているよ」
私「じゃあ、一緒にみんなの写真を撮るのを手伝ってくれる?」
年中組の女の子「(笑顔でにこっとしてくれました)」

保育士時代もそうだったけど、子ども達とかかわっていると、想定外のハプニング?だらけで、その度に色々と考えさせられ、発見もありで、勉強になるわ。

さて、これを励みに、これからも子ども達の魅力的な瞬間を、たくさん写真に残し続けるぞ!
2021年01月21日 22:04

集合写真用シート

スライド394
屋外での幼稚園・保育園等での集合写真撮影の際に、出番の多い「集合写真用のシート」。

最近のいもほり撮影の現場で土だらけになって汚れがひどかったので、今日はお天気も良いことですし、洗って天日干し♪

このシート、数字だけではなく可愛らしい動物も描かれているので、先生方からの評判も良く、わたくしにとっても構図をしっかりと事前に決めやすいので、お互いにとってメリット大な必須アイテム。

唯一のデメリットは、厚みもあり丈夫な分、丸めてもあまりコンパクトにならないところかな・・・。

来月からは時期的に、発表会やクリスマス会がはじまるので、新型コロナウィルスの感染者数が気になりつつも、自分にやれることを常に何か?を考え、最善を尽くすのみ!!
2020年11月18日 15:42

今日は幼稚園にて、お誕生日会撮影でした!

スライド383
基本的に幼稚園さんには30分前には現場入りして、撮影前の機材準備はもちろんのこと、現場を見ながら撮影の段取りを確認をするのですが、準備や段取りはササッと終わらせて、可能な限り撮影前に時間を作って、行事やイベントに関係する周辺の物を使ってよくイメージトレーニングをしています。

今日も準備や段取りの確認を早めに終えることが出来たので、遊戯室に置かれた子ども達が座る長椅子を今回は題材にして、イメージトレーニングを開始。

イメージトレーニングの目的はもちろん、撮影対象にしている被写体や物(今回は長椅子)が魅力的に見える角度を、直感的に見極め、瞬時に判断できる力を鍛える為。
子ども達のスナップ写真は、言動を直感的に見極め瞬時に判断してカメラのシャッターを切ることが求められますから、常にトレーニングはやっぱり欠かせない。

今回は横から撮るならば、「どの位置で」「どの角度で」「どの高さで」「露出(明るさ)はどのくらいで」「絞り(F値)はどのくらい」が適正で魅力的に写し出せれるか?と、自分で課題を課して撮影しました。

長椅子の長所を活かしたかったので、長さと奥行き感が感じられる角度や高さの位置を考え調節し、露出(明るさ)も明るすぎず暗すぎず、木の素材の感じと清潔感ある明るさを考え、絞りもF2.8開放だと背景がボケ過ぎてしまい、背景の長椅子の存在感が薄くなり、また、背景の壁の色に飲み込まれてしまいそうだったので、形がある程度分かりつつも主体(メイン)の長椅子の主張が損なわれない絞りが1段絞ったF4と判断し、撮った写真が今回の写真です。

こんな感じで常に、わたくしが子ども達の写真を撮る時、「その子がその場所で、魅力的に写る角度、明るさ、背景との兼ね合い」を考え、皆さまに「こんな素敵な瞬間を撮ってもらえて嬉しい」と思ってもらえる瞬間を常に意識して、撮らせていただいております。
今回の行事はお誕生日会の撮影でしたので、今月、お誕生日の月にあたる子ども達は、おしゃれな装(よそお)いで登園してきますからなおさらですね。

ちなみに服装は、やはり女の子はシンデレラ系のドレスが多く、男の子は正装で来ていましたね。
2020年09月15日 21:53

保育園でカメラマンが保育実習?

スライド377
先日、夏祭りの撮影で保育園に行ってきました!
その時、ちょっと面白い出来事が・・・。

夏祭りイベントが始まる10:00までの少しの間、乳児クラス(0~2歳児クラス)の2歳児クラスで保育室に入って、保育風景のスナップ写真を撮りに行った時、最初はやはり、子ども達から様子を見られまくっていたけど、写真を撮っている様子をたったの1分前後の時間見て、目的や行動も徐々に分かってきはじめた子ども達から、わたくしの周りに集まってくれましたので、そこで、少し広けた場所に座ると、その前に子ども達がちゃんと座ってこちらをじっと見つめるので、近くにいた先生に、

私「大人が座ると、その前にちゃんと集まって、じっと座って居られるなんてすごいですね。」

先生「午前活動の前のおやつを食べた後、いつもこの辺に座って紙芝居や手遊びをするので、きっと子ども達は何かをしてくれると思って、カメラマンさんを見ているかもしれないですね。」

・・・という話を聞いて、そこで保育士の経験を生かして「さかながはねて」の手遊びをしてみた所、子ども達はちゃんとマネをしてうけてくれたのでびっくり。
そして、手遊びが終わってまだ余韻(よいん)が残っている内に、子ども達の笑顔をすかさず撮影。
その様子を見ていた先生が、

先生「カメラマンさん、手遊びが出来るのですか?」

私「昔、わたくしも保育園で保育士をしていましたので・・・」

先生「そうなんですか!?だから、子ども達への話し方や引き付け方(導入)が上手だったのですね。」

と、子ども達より先生方が一番驚かれていましたが、(まあ、そりゃそうだわな・・・。)久しぶりに子ども達の前で手遊びをしたので、保育士時代の楽しかったことや大変だったことを、ついつい色々と思い出してしまいましたわ。

「さて、次回の撮影では子ども達と何して遊ぼうかな♬」と、子ども達の魅力と笑顔を引き出す為に、常に新しいネタの引き出し(ストック)に励んでいます。
2020年07月27日 20:05

保育士時代、子どもからのお礼の手紙

スライド363
「過去に縛られない生き方を・・・」と思いつつも、まだコロナウィルスが元気なこともあり、事務所の至る所を整理をしている延長線上でどうしても、過去の色々な品々を発掘することがあり、そのたびに過去の想い出にふけてしまう・・・。

その1つが、保育園を辞めるお別れの際に、当時、年中組の子が書いてくれたお手紙なのだが、年齢から考えると、「文字がうまく書けない」「文字が分からない」「デザインの記号が上手く描けない」など、手紙を書くにあたって、何らかの壁があったハズ。
ということは、「手紙を渡したい!」という気持ちが、それらを退けるぐらい上回っていないと、多分、書かないと思う。
そう考えると、忖度のない純粋で本当の気持ちを率直に、まだ書き慣れていない文字とデザインもつけて頑張て書いてくれた証でもあるからこそ、気持ちも伝わり嬉しい。

子どもが好きで保育士に憧れ、専門学校で勉強を頑張って卒業し資格を得て、念願が叶って保育職についたけど、数年後はカメラマンをすることになるとは、全く思わなかったわ。

やっぱり人生、機械のように計算通りには行かない。
ただある意味、計算通りに先が薄っすら見えてしまう人生じゃなくって、良かったとも思う。先が見通せる(分かっている)人生では、つまんないですからね。
2020年05月11日 21:31

えっ!そっちに投げる?

スライド362
写真の整理をしていた時に見つけて思わず笑ってしまった、4~5年前に公園内で撮ったスナップ写真。

写真の状況説明としましては、輪投げの要領で、手前に置いてあるペットボトルをフラフープの輪の中に入れる遊びの様子を、遠くから望遠レンズを使って撮っていたのだけど、力が入りすぎて手を放すタイミングが遅すぎたのか?または意図的にしてみたいと思ったのか?まるで漫画のように真横に飛んでいくフラフープ・・・。

無論、手前のペットボトルに向かって(ある程度、方向がズレる予想はしていたけど・・・)フラフープ飛んでくるものだと思っていたが、ズレの度合いが想定外過ぎて、撮りながら「えっ!そっちに飛ばす?」と思わず口ずさんだ瞬間でしたわ。

子ども達は好奇心と突然の思い付きの赴くままに、突発的に行動することが多い為、大人が思っているような行動には結びつかない。だからこそ、その想定外の瞬間の写真をものにできた時の喜びは格別で、子どもの写真を撮っていて楽しく飽きない理由でもありますよね。


EOS-1D MarkⅣ
EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
SS 1/800
F値 F4.5
ISO 500
2020年05月09日 21:00

写真注文袋も完成!

スライド1
キッズフォトスタジオパステルは今年、皆さまに支えられまして節目の10周年を迎えたこともございまして、新年度4月に向けて色々と準備を進めております。

その中で、前回の撮影腕章に引き続き写真屋さん必須アイテム「写真注文袋」も完成!

昔と比べて最近のインターネットは、ネット決済種類が豊富でセキュリティ面も強化されて信頼度も上がり、操作も簡略化されインフラの整備も整いますので、お客様の方で「写真注文→発送手続き→料金支払い→直接お客様の手元に写真をお届け」と、写真屋さんや学校・習い事の教室を経由しなくとも、お客様ご自身で全て完結させることが出来ます為、写真注文袋も昔程は使わなくはなってきていますが、それでもまだまだ必要な所もありますので、とりあえず初回は2,000枚を発注。

新調すると、気持ち的にも清々しさを感じますよね。
2020年03月20日 13:45

撮影腕章が完成!

IMG_0477_1
今まで撮影腕章がどうしても必要だった時は、簡易的な腕章、いわゆる「手作り腕章」を使っていたが、最近、さすがにちゃんと作った方が良いかも・・・と思うようになり、ネットで調べて早速、オーダーメードでとりあえず10枚を発注。

オーダーメードなので、そこそこ値段はしたけど、やっぱり見た目がいい感じで大満足。

個人的に好きな色が青系か緑系だったので、どっちにしようか?と少々迷ったけど、新緑をイメージした緑系に決定。

さて、新型のコロナウィルスに負けないように、夢中になって仕事に打ち込むことで忘れてしまおう!気にしてばかりいては、精神衛生上もよろしくないですからね。
そうすれば気付いた時は、いつの間にか終わっているでしょう。
2020年03月03日 14:28

おもちつきの声掛けは、もっちっち?

スライド333-2
今週から幼稚園や小学校も始まり、早速今日から、お正月の風物詩「おもちつき」撮影で幼稚園へ行って来ました。

今日は風はあったけど、例年になく日中は暖かく、この時期のロケーション撮影にしては恵まれた気候でした。

もちつきの流れは、年少組➡年中組➡年長組の順で園庭に出てきて、まずは臼(うす)の周り集まり、保護者の方が食用のもちをついている所をデモンストレーションと応援も兼ねて見た後は、2~3人同時に子ども達がもちつきをしました。

さすがに年少組・年中組は、子ども用の杵(きね)とはいえ、一人では杵を持ち上げられない為、お手伝いさんの保護者の方と一緒につき、年長組はふらつきながらも一人でついていたのですが、やっぱりやっている最中は、真剣な子、笑いながらついている子、お隣のお友達を見ながらついている子、興味があまりなくやりたくない子、色んな子がいて色んな表情が見え隠れしていて、撮っていても面白かったですわ。

ちなみに、わたくしはもちつきの写真を撮る上で1つ、気を付けていることがあります。それは、1カットは必ず「臼の中のおもちが見えるように少し上の角度から撮影する」ということです。
その理由は、今回の行事の撮影目的は「おもち・つき」だからです。
臼と杵が写真に写っていれば確かに、おもちつきの行事の写真として成立はしますが、わたくしとしてはどうしても物足りなさを感じてしまうのです。
それはどうしてか?そもそも論、「何の為におもちつきをしている様子を撮っているか?」と考えた時、「おもちをついている様子を撮っている」訳ですので、そう考えるとおのずと、おもちが杵でつかれている瞬間のコラボ写真がないと淋しいのではないかと感じるのです。

こういった感じで、おもちつきに限らずわたくしは撮影の前には、「行事撮影の目的」と、撮影中は常に「何の為に今、その瞬間の写真を撮っているのか?」を必ず考えています。
でないと、ただシャッターボタンを押して撮っているだけの、味気ない写真になってしまいますからね。

さて、話は戻りまして、全学年のおもちつきが終わり、食用のおもちが準備が出来次第、今度はすぐにおもちの試食タイム。
この時は全員、「こっち向いて写真」(カメラ目線の写真)で声を掛けて撮るのですが、その際、いつも通りの声掛けでもいいのですが、せっかくなのでおもちに関する声掛けはないものか?と考えながら子ども達に話し掛けた時、たまたま言葉が詰まって、「もっちっち」と言ったのが子ども達にものすっごくうけて大爆笑!さらに、「もう1かい、もっちっちでしゃしんをとって♪」とリクエストもあるほどで絶大な効果があることを知り、それっきり、おもちを食べているシーンを撮影する時だけ通用する、期間限定の声掛けとして、今日もその引き出しを使って笑顔の写真を撮っていました。

さて、セレクト作業、頑張ろう・・・。
2020年01月09日 21:11
キッズフォトスタジオ
パステル

〒177-0044
東京都練馬区上石神井2-8-20
グリーンハイネス402

[TEL]03-6913-2379
[営業時間]8:00~19:30 
[定休日]年中無休

モバイルサイト

キッズフォトスタジオ ~パステル~スマホサイトQRコード

キッズフォトスタジオ ~パステル~モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

写真素材 PIXTA