キッズフォト出張撮影専門「キッズフォトスタジオ パステル」東京都練馬区

~子ども達の言動を熟知している元保育士が魅せる、自然光を使った子ども達のナチュナルな姿の魅力~

A96I1003_2

ホームブログ / BLOG ≫ キッズモデル講座3 ~立派な「役者」になれ!~ ≫

キッズモデル講座3 ~立派な「役者」になれ!~

スライド336-2
今まで連載企画としまして、キッズモデル講座「1回目は洋服の選び方」・「2回目は応募写真の撮り方」と、ブログにてお伝えをさせていただきましたが、3回目の最後は、いよいよ実際に「撮影現場で求められるスキル(能力・技術)」のお話いたします。

撮影の内容や種類にもよりますので、その辺を簡潔に分かりやすくお伝えが出来ればと思っております。

① 写真館関連で求められるスキルとは?
すでに背景が作られている(セットが出来ている)ような撮影の場合は、指定の場所に止まって(静止して)いられるのは絶対条件。さらに、体の角度(向き)から足先・指先に至るまで、細かく指定されることもよくある話です。(手に持つものがあれば、その物の高さや向きも要求されます。)

というのも、既に撮りたいイメージが背景の作りから見て取れるように出来上がっており、後はそのイメージに合うようにモデルさんを入れ込みたいので、こういった撮影は少々シビア(繊細)ではありますが、既にイメージがしっかりと出来ている分、モデル側としてもイメージや理解しやすい側面もあります。
また、指示さえしっかり聞いてその通りに出来れば良く、自分で考える必要性もないことから、モデル初心者とかでしたら比較的、入りやすい撮影ジャンルなのかもしれません。

② 写真館・出張撮影関連で求められるスキルとは?
写真館さんは先に述べました①のように、背景がしっかり決まっている場合と、部屋単位やコーナー単位である程度、自由に動いて撮影する方法もあります。また、わたくしの所のように、さらに広範囲に動いて撮影するようなロケーション撮影もございます。

このような撮影の意図は何か?と申しますと、「本来の子どもの姿」を動く事で表現してもらって写真に収めたいと考えている場合が多いのです。

もちろん、撮りたい構図はあるので撮影位置はありますが、①のようにかっちりではなく、今回のサンプル写真がそうであるように、「桜を入れたい」とか、「建物を入れたい」など、何か目標となるものを入れたいぐらいです。

動きの制限があまりない分、今度は何事にも動じない「勇気」のスキルは必須条件。「自分が出せる・笑顔が出せる」モデルさんが重要視されます。

③ アパレル・ファッション関連で求められるスキルとは?
ウォーキング技術は大前提です。その上で同じくらい必要なスキルは、「洋服が持つ魅力を伝える」スキルであり「洋服をまとったモデルさん自身の魅力を伝える」スキルでは無いということですので気を付けましょう。
あくまで主役は洋服です。その考えの上で、モデルさんを介して観客側がその気に入ったと思う洋服を着た時のイメージ役として担(にな)うがモデルさんとなるわけです。
その為、まずは洋服から制作側の気持ちになってその意図を汲み取らなくてはなりません。汲み取った上で、では、その部分や洋服全体を通してどのように表現をするのか?

手で触れたり持つことでピンポイントで強調し、観客の意識を引くのか?
広げることで、使われいる生地の柔軟性を表現するのか?
回ることで柔らかさを表現するのか?

など・・・

「表現者」としての力量(レベル)も問われる、難易度の高い分野となります。

④ 広告関連で求められるスキルとは?
企業広告としての広告撮影が多く、その際に求められるのは「役者」としてのスキルですが、これがあると、モデルさんとしての活動も広告関連のみならず、先に挙げた撮影現場でも引っ張りだこのように、活躍の場が広がることは間違いないでしょう。

ちなみに、③の最後でお話をしました「表現者」と何が違うのか?
それは・・・

「表現者」とは、主に身体を使って動作で表す者。
「役者」とは、身体+感情も含めて表す者。

と分けている為です。

広告には、その裏に隠されている「想い」を、ポスターやジャケット写真ならば1カットで意図を読み取ることが出来て、その意思が一般の消費者に伝わるように示さなければなりません。
その為、「場面(ストーリー)をイメージしてアウトプットが出来る」というスキルが必要となってくるのですが、これが意外と難しい。
経験されているモデルさんならば、ご存知かとは存じますが、思考力や行動力・感情力が三位一体となっている必要がある為です。

例えば、「何かを発見した場面を撮影する」ということにしましょう。
その時に「ただ見つけて、驚く」のでは芸がなさすぎますし、感情のない表現では見ている方も何も感じません。ではどうするのか?「あなたが何かを見つけた時のシチュエーションは、どうゆうことが考えられますか?」と思考するのです。
特に、大切な何かを無くして見つけた時や、欲しい物を探してやっと見つけた時など、その時に得られるあの安堵感や喜びはひとしおなのでないでしょうか?そう考えて置き換えると、驚き方(感情)も変わってくるのではないでしょうか?

他にも、おもちゃなどの道具を使うこともあるでしょう。その時にあなたならば、どのようにそれらを表現したいのか?何を伝えたいのか?という、モデルさん本人の意思や気持ちが問われてくるわけです。

⑤ まとめ
・セットがすでに組まれている撮影では、パズルの最後のピースとなれ!
・動ける(行動できる)撮影では、動きから得られる、ありのままの自分の姿や笑顔をまき散らし、魅力をアピールできるチャンスと捉えよ!
・自己や他人評価を気にするな!洋服の魅力を発信せよ!おのずとその行動がモデル自身の魅力にも繋がる。
・モデルは役者であれ!
2020年01月18日 14:44

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 
キッズフォトスタジオ
パステル

〒177-0044
東京都練馬区上石神井2-8-20
グリーンハイネス402

[TEL]03-6913-2379
[営業時間]8:00~19:30 
[定休日]年中無休

モバイルサイト

キッズフォトスタジオ ~パステル~スマホサイトQRコード

キッズフォトスタジオ ~パステル~モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!